エクスペリエンス軍資金制度の導入で「公私混同」の働き方を促進

投稿日:2017.8.1|コーポレートニュース, プレスリリース

スタッフの「体験」代金、会社が半分もちます
子連れ出勤、副業、リモートワークなどに次いで新たな施策

ソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2017年8月から「エクスペリエンス軍資金制度」を導入します。これはスタッフが何らかの「体験」をした際に掛かった費用の半額を会社が負担するという人事制度です。当社が展開する体験ギフト事業は「贈られてうれしい体験」の発掘や開発が価値の源泉です。そうした体験に目を向ける機会を少しでも増やすことで、体験ギフトの質の底上げや新たなコースの開拓につなげる狙いです。当社には体験ギフトのコースを開拓する専門のチームがありますが、この制度はチームの所属に関係なく導入します。良い意味での公私混同を促進し、仕事と私生活が豊かになることを目指した制度です。

何をもって体験とするかは規定せず、制度を利用するスタッフの裁量に委ねます。この自由度が高いほうが体験ギフトの可能性を広げるという考えです。制度の利用は強制ではありません。また利用した際はレポートなどの義務はありません。スタッフは月に1度の経費精算で手続きをするのみです。会社が負担する上限金額は1万円、上限回数は月に1回です。

【本件のポイント】
●スタッフの「体験」費用の半額を会社が負担
●スタッフの体験の経験値が「贈られてうれしい体験」の発掘・開発につながる
●子連れ出勤や副業など、ミッションに裏打ちされた働き方が競争力を生む

【本件の背景】
当社はミッションステートメントで、「体で験(ため)すのが、体験。時が経ち体験した個人に内面化されると、それは経験。」と定義しています。体験の提供を通じて個人の経験の積み重ねをサポートし、1人でも多くの、少しでも多くの幸せと希望を増やせるよう尽力することをミッションに掲げ活動しています。このミッションの一環で、人にとって「働くこと」は精神的にも経済的にも重要であり、個人の生活や人生に大きな影響を与える「体験」の一つであると創業当初から認識しており、これまでにも「副業OK」や「子連れ出勤」などの諸制度が生まれ、定着してきました。今回導入する「エクスペリエンス軍資金」も、社員が日頃からさまざまなことに興味関心を抱き、それをもとに行動し良い変化を自ら起こすことを目的としており、上記のミッションを社内外問わず達成していくための施策の一つです。

<スタッフの経験が体験ギフト事業にプラスに働いた例>

Bリーグ観戦をスタッフ同士で楽しんでいた→Bリーグ観戦が体験ギフトコースに

Bリーグ観戦をスタッフ同士で楽しんでいた→Bリーグ観戦が体験ギフトコースに

ぶどう畑でボランティアをしていた→ワイナリー見学が体験ギフトコースに

ぶどう畑でボランティアをしていた→ワイナリー見学が体験ギフトコースに

オフィス近くのコーヒーロースターでコーヒーの魅力を知り、たくさんのコーヒーを飲んだ→独自の味を追求する東京のロースターの豆を選べる「COFFEE GIFT」の開発につながった

オフィス近くのコーヒーロースターでコーヒーの魅力を知り、たくさんのコーヒーを飲んだ→独自の味を追求する東京のロースターの豆を選べる「COFFEE GIFT」の開発につながった

当時(2005年)は珍しかったリバーアクティビティのキャニオニングに挑戦して衝撃を受けた→体験ギフト事業のきっかけになった

当時(2005年)は珍しかったリバーアクティビティのキャニオニングに挑戦して衝撃を受けた→体験ギフト事業のきっかけになった

画像や図表入りのリリース全文(PDFファイル)はこちら

アフタヌーンティー体験を贈るギフト、販売好調で関西エリア拡大

投稿日:2017.7.27|ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

京都、大阪の5つのホテルと新たに提携
非宿泊客の接点としてラグジュアリーホテルにも利点

ソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2017年7月27日、「アフタヌーンティーチケット」の利用可能エリアを拡大しました。同商品は、受け取った人が2人でアフタヌーンティーを楽しめるという体験ギフトで、セレクトされた複数のホテルから1つを選んで利用できます。2016年9月の販売開始以来、クリスマスプレゼント、母の日の贈り物、結婚祝いや誕生日プレゼントとして好評で販売数が伸びていました。一方利用可能なホテルは東京・横浜エリアのみで関西での利用を望む声が多数ありました。そこで今回、京都、大阪の5つのホテルと新たに提携し、選べるホテルが12になりました。利用可能エリア拡大に伴い小売店での取り扱いも関西エリアで順次拡大します。

【本件のポイント】
●体験ギフト「アフタヌーンティーチケット」が関西エリアで利用可能に
●体験ギフトが贈り物に困っている人へのソリューションに
●非宿泊客の接点としてラグジュアリーホテルに利点

ザ・リッツ・カールトン東京の例(左写真):ホテル総料理長のこだわりですべてのアイテムを手作りで提供。季節ごとのテーマに添ってメニューを開発。味だけではなく、目でも楽しめる、色づかいシェイプにもこだわり。一つのアイテムを見ても、アフタヌーンティースタンドに並べられた状態を見ても、バランスのとれた美しい仕上がりになるよう、デティールを追及。東京マリオットホテルの例(右上、右下写真):ハーゲンダッツ、アナスイなどの他ブランドとのコラボレーション企画を実施

ザ・リッツ・カールトン東京の例(左写真):ホテル総料理長のこだわりですべてのアイテムを手作りで提供。季節ごとのテーマに添ってメニューを開発。味だけではなく、目でも楽しめる、色づかいシェイプにもこだわり。一つのアイテムを見ても、アフタヌーンティースタンドに並べられた状態を見ても、バランスのとれた美しい仕上がりになるよう、デティールを追及。東京マリオットホテルの例(右上、右下写真):ハーゲンダッツ、アナスイなどの他ブランドとのコラボレーション企画を実施

画像や図表入りのリリース全文(PDFファイル)はこちら

(さらに…)

日本初、オオクワガタの飼育・産卵が体験ギフトで人気

投稿日:2017.7.5|ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

カブトムシ・クワガタのトップブリーダー月夜野きのこ園と提携
夏休みに入る子供がいる方への贈り物にも最適

ソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2017年5月から「オオクワガタの飼育・産卵」を選べる体験ギフトのコースとして提供し始めました。しいたけの菌床栽培事業とカブトムシ・クワガタの生体・飼育用品販売を手がける有限会社月夜野きのこ園(群馬県利根郡みなかみ町)と提携し、ギフト利用者にクワガタの飼育キットを届けます。体験ギフトを贈られた人はこのコースを選択すると自宅にキットが届き、クワガタを育て、産卵させるまでを体験できます。2005年に日本初の体験ギフト専業の当社が創業して以来、クワガタの飼育キットが選べるようになったのは初めてです。

ギフト市場では「脱モノ」のニーズが高まっており、体験ギフトの内容は多様化が進んでいます。当社で提供する体験の種類は200以上、コース数は5500以上に達しています。今回のように外出せず自宅で体験できるコースの開拓も進めていく所存です。

【本件のポイント】
●体験ギフトのコースに初めて「オオクワガタの飼育・産卵」を収録
●ギフトの「脱モノ」化と体験ギフトの多様化が進み、自宅でできる体験が増加
●夏休みに入る子供がいる方への贈り物にも体験ギフトが向く


画像や図表入りのリリース全文(PDFファイル)はこちら

(さらに…)

プレスリリース:ギフトの「脱モノ化」が顕著に、体験ギフト市場が拡大

投稿日:2017.6.14|コーポレートニュース, プレスリリース

体験ギフトの利用者が20万人を突破
2017年母の日商戦、5月販売数は2013年比760%

親密な関係の人への贈り物に、体験ギフトの需要が高まっています。ソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)の体験ギフト利用者は2017年3月、累計で20万人を突破しました。近年利用者が急増しており、当社ではギフト市場における「体験」の存在感が、特に2015年から増していると分析しています。2017年の「母の日」商戦においては、体験ギフトの販売個数(当社ECサイト集計)は昨年同期比の約240%、2013年同期比の約760%を記録しました。これは、日本のEC取引額の伸び率をはるかに上回る増加です。6月18日の「父の日」も、同様に需要の拡大を予測しています。

【本件のポイント】
●ギフト市場において「脱モノ化」が進行し、体験型の市場が急拡大している
●体験ギフトの拡大は欧州をはじめ世界的な潮流
●「母の日」の販売は前年同期比240%、2013年同期比760%

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら

【本件の概要】
当社は2005年創業のベンチャー企業で、一貫して体験ギフト事業を手がけてまいりましたが、特に2015年から需要の拡大を実感しています。2017年5月の母の日商戦においては、体験ギフトの販売個数(当社ECサイト集計)が昨年同期比で約240%、2013年同期比では約760%を記録しました。これは、日本のEC取引額の伸び率をはるかに上回るペースです。母の日のみならず販売は好調で、2017年ECサイトの売上は昨対比230%を見込んでいます。

【母の日の傾向】
母の日に特に支持されたのが、リラクゼーション系と食事系の体験ギフトでした。また、2人で利用することを前提にしたギフトも人気で、両親に贈る場合や、贈った本人と母親が出かける場合があると推測しています。こうした傾向について当社では、「日頃の疲れを癒やしてほしい」「自分の時間を過ごしてほしい」「たまには夫婦で出かけてほしい」といったメッセージが、体験ギフトに込めやすかったと分析しています。

【背景】
親密な相手への贈り物で支持

体験ギフトに類するものは以前からありました。食事券や仕立て券、旅行券がそれに当たります。現金に近い形なので比較的誰にでも贈りやすい半面、一歩踏み込んだメッセージを伝えるのは不得意です。一方、当社が手がける体験ギフトは体験の質やラインナップ、ユーザーエクスペリエンス、デザインに投資をしています。贈られた瞬間から体験するまでの一連の流れを重視し、結果的に贈り手の満足度が高いものを目指しています。

こうした中で、これまでの金券やカタログ型ギフトでよく使われていた儀礼的なギフト機会とは異なる、親密度の高い個人的な贈り物に使われるようになりました。例えばお中元やお歳暮などは現状、利用が少なく、友人や両親への誕生日、クリスマスプレゼントが用途として多くなっています。母の日に体験ギフトが利用されたのは、こうした背景があるものと分析しています。親密な贈り物では予算が高く、ギフト市場全体では大半が5000円以下であるといわれている一方、当社は平均予算が2倍以上の1万円を超えています。

世界的な「体験」の価値の高まり

インターネットが登場して久しく、読んだり見たりすることができる情報の価値は相対的に低下しているといわれています。一方、体を使って何かをする体験の相対的な価値は増大しています。これは様々な場面で起きており、顕著な例は音楽市場でのライブやフェスティバルの拡大です。

また、情報技術の発展で労働の効率は増しており、先進国を中心に余暇は増加傾向です。将来はAIがさらなる効率化を進めると予測され、これは大きなトレンドであると認識しています。

「体験」をキーワードにしたベンチャー企業は多く登場していますが、実は体験ギフトも2000年代前半から世界的に広がり、当初盛んだった欧州のみならず、北米や東南アジアでもプレイヤーが増えています。 欧州のリーディングカンパニーは年間売上が600億円ともいわれており、直営店を10店舗構えています。欧州では「体験を贈る」ことが日本よりもポピュラーです。日本でもまだ拡大余地が大きいと分析しています。

【体験ギフトとは】
体験ギフトは、贈られた人が様々な体験をできるというギフト商品です。体験の概念は広く、レストランやカフェでの食事、リラクゼーション施設での施術、陶芸などのものづくり教室でのワークショップ、音楽教室、アウトドアアクティビティ、フィットネスなどあらゆる種類の体験があります。

テーマや価格によって様々なパッケージがあり、当社では例えば、選べる体験の種類が最も多い「総合版カタログシリーズ」で5500円、1万500円、2万500円、3万500円、5万500円(いずれも税別)の商品や、東京と横浜の厳選したサロンで施術が受けられる「個室スパ&エステチケットシリーズ」で1万2500円、2万2500円(同)の商品など、約40商品があります。 単に体験を並べるだけでなく、「贈られて喜ばれる体験」を追求し、体験の開拓やパッケージの開発をしています。

販路は当社が運営するECサイトのほか、Amazon.jpや楽天、Yahoo!ショッピング、LINEモールにも出店しています。また、百貨店や雑貨店など100店以上のリアル店舗でも取り扱っていただいています。

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら
プレスリリース_体験ギフト_20170614

プレスリリース:都会のオアシスで過ごす時間を贈る アフタヌーンティーチケット発売

投稿日:2016.10.1|コーポレートニュース, ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

体験ギフトの企画・販売を手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2016年9月、2人でホテルのアフタヌーンティーが楽しめる体験ギフトの新商品「アフタヌーンティーチケット」(1万500円)を発売しました。都会にありながらリゾート気分を味わえるホテルでのアフタヌーンティー。各ホテルこだわりの空間と、個性あふれるアフタヌーンティーは、目に映るすべてが完璧な世界で、すべてのホテルを巡りたくなるほど。午後の極上プチトリップは、ギフトでもらわなければなかなか体験できない贅沢なひとときです。大切な方にも、お世話になった方へも、幸せたっぷりな充電時間を贈れるスマートなギフトです。誕生日プレゼントや会社の同僚、部下へのプレゼント、結婚や出産の内祝いなど、幅広いギフトシーンでご利用いただくことを想定しています。

選べるホテル
ホテル椿山荘東京「ロビーラウンジ ル・ジャルダン」、ザ・リッツ・カールトン東京「ザ・ロビーラウンジ」、コンラッド東京「トゥエンティエイト」、東京マリオットホテル「ラウンジ&ダイニングG」、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル「ラウンジ&バー『マリンブルー』」、帝国ホテル 東京「インペリアルラウンジ アクア」、フォーシーズンズホテル丸の内 東京「モティーフ レストラン アンド バー」

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら

プレスリリース:「カスタムオーダー」の男性向けギフトチケット スラックス、デニム、革靴、プレミアムシャツが増えて全7 種類に

投稿日:2016.10.1|コーポレートニュース, ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

体験ギフトの企画・販売を手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2016年9月、カスタムオーダーができる男性向けのギフトチケットを相次いで発売しました。

「オーダースラックスチケット」、「オーダーシャツチケットプレミアム」(各2万500円)「オーダージーンズチケット」(5万500円)、「オーダーシューズチケット」(5万8500円)の4種類で、贈られた人はチケットを使って店頭などで採寸し、好みのデザインの服などを注文できるというものです。従来から、オーダーメイドの贈り物はありましたが、ソウ・エクスペリエンスのギフトは、プロと相談して一つのものを完成させるプロセスを楽しめる“ 体験ギフト” です。

既に販売中のカスタムオーダーのチケットは、職場の同僚や上司など多くの男性への贈り物やパーティーの景品、社内インセンティブなどにご利用いただいています。こうしたギフトは、社内の同僚複数人からや、兄弟姉妹からといった形で、「多対一」の贈り方も増えています。

既存の「オーダーシャツチケット」(1万500円)、「オーダージャケットチケット」(3万500円)、「オーダースーツチケット」(5万500円)に新商品4 種を加え、全7 種でより幅広い用途や男性の好みにお応えするラインナップ
になりました。

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら

プレスリリース:新商品「オーベルジュチケット」発売

投稿日:2016.5.19|コーポレートニュース, ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

体験ギフトの企画・販売を手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2016年5月19日、贈られた人が2人でオーベルジュに宿泊できる「オーベルジュチケット」を発売しました。泊まれるレストランといわれるオーベルジュの料理は、地元の食材をシェフが選りすぐり、そのときに一番おいしい味をふるまう、究極の美食の形です。食事をたっぷり楽しんだ後は、客室に宿泊。趣向をこらした朝食も楽しみです。都会から離れた場所で、美しい景色を眺め、贅沢な時間を過ごせます。

両親や仕事仲間に対して、「たまにはおいしいものを食べて、ゆっくり休んでほしい」という思いをストレートに伝えてくれるギフトです。

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら

プレスリリース:新商品「メモリアルフォトチケット」発売

投稿日:2016.5.19|コーポレートニュース, ソウ・エクスペリエンスギフト, プレスリリース

体験ギフトの企画・販売を手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2016年5月10日、「メモリアルフォトチケット」を発売しました。この体験ギフトを贈られた人は、写真スタジオのほかに自宅や公園など、好きな場所でプロに写真を撮影してもらえます。

私たちは結婚するタイミングや産前、産後のタイミングなど様々なライフイベントごとにプロに写真撮影を依頼することがあります。

こうしたライフイベントは、周囲の人にとってはギフトを贈る機会でもあります。そこで今回の新商品を開発しました。

贈られた人は、この商品をきっかけにプロに写真撮影の依頼をでき、贈る人は、記念の写真を撮る機会をプレゼントして特別なお祝いの気持ちを表明できます。

商品画像などを掲載したプレスリリース(PDF)全文はこちら

”サードウェーブ”のロースターのコーヒー豆が選べる お取り寄せカタログギフト「コーヒーギフト」発売

投稿日:2015.11.19|コーポレートニュース, プレスリリース

体験カタログの企画・販売、体験予約サービスを手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は2015年11月19日、コーヒー豆を選んで自宅で受け取るカタログギフト「コーヒーギフト」の販売を開始しました。

ソウ・エクスペリエンスがセレクトした新時代のロースターをカタログで紹介。彼らが仕入れ、焙煎したコーヒー豆から好きなものを選べる(豆のままか粉に挽くかも選べます)、いわゆるお取り寄せギフトです。コーヒー豆は従来から、ギフトとして一般的な商品でした。そして近年コーヒー豆の品質は世界的に向 上し、ロースターが提供するコーヒーの味の幅は、かつてないほど豊かになっています。高品質のコーヒーの需要はますます高まると予想され、ギフトの利用も増加することが見込まれます。今回ラインナップしている人気店のコーヒー豆を選べる形式は、ありそうでなかったコーヒーの新しいギフトの形で、贈られた方、贈る方の双方にメリットのある商品です。

howtouse_coffee

<コーヒー豆を選べる7店>
logo

ソウ・エクスペリエンスについて
名称:ソウ・エクスペリエンス株式会社
代表者:代表取締役社長 西村 琢
所在地:東京都目黒区目黒1-24-4 サンライト追川ビル地下1階
事業内容:体験ギフトの企画・販売など
URL:http://www.sowxp.co.jp

本件に関するお問い合わせ先
ソウ・エクスペリエンス株式会社 関口昌弘
TEL:03-6431-8360/ FAX:03-6431-8361/ Mail:info@sowxp.co.jp
※体験メニュー提供施設の取材や、
販売店の取材の取り次ぎも可能ですのでご相談ください

NTTドコモの体験定期便サービス「すきじかん」が10月1日に開始、ソウ・エクスペリエンスが運営を担当

投稿日:2015.9.30|コーポレートニュース, プレスリリース

 体験カタログ・チケットの企画・販売を手がけるソウ・エクスペリエンス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:西村琢)は、株式会社NTTドコモが10月1日に開始する体験の定期便サービス「すきじかん」に、当社加盟店の体験コースを提供します。また、契約者に毎月送付するマガジンの編集、体験チケットの定期配送、専用サイトの開発・運用、予約の手配などのサービス運営を担当します。

 「すきじかん」は月額制で、契約者は専用サイトを通じて非日常体験の予約ができます。選べる体験は、陶芸やガラス工芸などのものづくり、ヨガや乗馬、パラグライダーなど体を動かす遊び、能をはじめとした伝統芸能の鑑賞など、関東甲信越を中心に約300コースをラインナップしています。

 専用サイトのほか、関東甲信越のドコモショップでも契約申し込みを受け付けます。料金プランは月額6,000円と11,000円の2種類。支払い方法は、ドコモ ケータイ払いか、クレジットカード払い(ドコモユーザー以外も利用可能、ただしdocomo IDの取得が必要)の2種類です。契約者には毎月、チケット(有効期間は6カ月間)とマガジンが手元に届き、マガジンには、季節のおすすめコースや、体験の特集記事、特別な公演チケットなどの情報を掲載します。チケットは利用証になっています。

 2005年の創業以来、体験型のカタログギフトで1000以上の加盟店と提携するソウ・エクスペリエンスの資産と、培ったサービス運営ノウハウを活用します。多くの皆様に、月に一度、好きな時間をお楽しみいただけるよう取り組んでまいります。

すきじかんプレリリース

すきじかんプレリリース

すきじかんプレリリース

すきじかんプレリリース

ソウ・エクスペリエンスについて
名称:ソウ・エクスペリエンス株式会社
代表者:代表取締役社長 西村 琢
所在地:東京都目黒区目黒1-24-4 サンライト追川ビル地下1階
事業内容:体験ギフトの企画・販売など
URL:http://www.sowxp.co.jp

本件に関するお問い合わせ先
ソウ・エクスペリエンス株式会社 関口昌弘
TEL:03-6431-8360/ FAX:03-6431-8361/ Mail:info@sowxp.co.jp
※体験メニュー提供施設の取材や、
販売店の取材の取り次ぎも可能ですのでご相談ください

keep looking »