イオンのギフトカードモール『うれしーど』にて販売をスタートしました。

ソウ・エクスペリエンスギフトはイオンのギフトカードモール『うれしーど』(関東の一部店舗)にて体験ギフトの販売をスタート致しました。

『うれしーど』はあらゆるギフトを取り扱うイオンの新しいコーナーです。

弊社としても初の郊外立地店での取扱いとなり、ソウ・エクスペリエンスギフトが店頭でますますお買い求めやすくなりました。お近くの店舗にお立ち寄りの際にはぜひご利用くださいませ。

〈取扱い店舗〉
イオン下妻店 /イオン太田店/イオン浦和美園店/イオン北戸田店/イオン川口前川店/イオンレイクタウン店/イオン成田店/イオン柏店/イオン津田沼店/イオン相模原店/イオン大和鶴間店

〈取扱い商品〉
総合版カタログBlue/総合版カタログGreen/総合版カタログBrown

aeon.jpg

小岩井農場プレミアムツアーがギフトに仲間入りしました。

koiwai.jpg

岩手県にある小岩井農場は、1891(明治24)年に開設された歴史ある農場です。その農場を巡る「小岩井農場プレミアムツアー」が、ソウ・エクスペリエンスギフトのコースに仲間入りしました。
放牧風景や森林だけでなく、まだ電気のない時代に氷やチーズの保管に使用した「天然冷蔵庫」や、ドラマの撮影ロケにも使われる「一本桜の木」などをご覧いただけます。さらに、農場の特産品を使った「プレミアムランチ」付きで、大満足の半日を過ごせます。
歴史ある農場で、爽やかな午前を過ごしてみませんか?

小岩井農場プレミアムツアー1名コース(5,250円)
小岩井農場プレミアムツアー2名コース(10,500円)

koiwai5.jpg

koiwai31.jpg

koiwai6.jpg

ワールドビジネスサテライト2011年6月14日 特集 『消費の”新”潮流』に取り上げていただきました。

ワールドビジネスサテライト2011年6月14日 特集 『消費の”新”潮流』に取り上げていただきました。
代表西村が大島で溶岩ランニングをしている様子を取材いただきました。

『週刊ダイヤモンド』に掲載されました。

“モノ”ではない記念日の贈り物
“体験ギフト”で市場に新風吹き込む

というテーマで週刊ダイヤモンドの起・業・人というコーナーで取り上げていただきました。
6月18日発売号の、P.112-113になりますので、ぜひご覧ください。

『週間ダイヤモンド』6月18日発売号
※クリックで大きく表示されます。

ウェブエンジニアを探しています。

ソウ・エクスペリエンスでは現在、ウェブサイトの運用・開発を手伝ってくれるエンジニアを募集しています。

ourteam.jpg

体験ギフトを中心に事業を進めてきたわたしたちは5月で創業6年目を迎えましたが、まだまだ10名程度の小さな組織です。 10年目を迎えるまでにはもっともっと日本で、そしてアジアで最もクールなExperience Companyになる意気込みです。

現在は高橋くんという29歳のCTOがほぼひとりですべてのシステムの運用及び開発を行っております。スポットで外部の方にお手伝いなどもお願いしておりましたが、日頃からオフィスで仕事を共にし、すべてのプロセスを共有しながら会社の成長を支えてくれる方にジョインしてもらえたらどんなに素晴らしいだろう!と考えています。

現在探しているのは主にフロントエンドですが、業務がうまくまわるようにCRMシステムなどのインターナルツールの開発とかもお願いするかもしれません。HTML・PHP・Ruby on Railsなどを使用したサイト構築運用経験は優遇します。小さい組織なので、いわゆる『即戦力』になるからです。ただそれよりも大事だと思うのは、飽くなき好奇心と、向上心と、そしてお互いのフィット感だと思っています。

多くの時間を一緒に過ごすことになりますので、つまらないこと、自分が価値を感じられないことに費やすのはバカらしいと思います。そして、この人たちとならドブさらいやっても楽しいだろうな、というような仲間と一緒に仕事をすべきだと思います。

2005年に会社をつくったとき、我々のめざすことというミッションステートメントを仲間と一緒につくりました。6年経ちましたが、コアな部分はなにも変わっていません。もっともっと、この想いをビジネスを通じて全世界の人に伝えることができたらと思っています。

一度、僕らに会いにきませんか?ぜひお話をしたいです。

できれば、フルタイムを希望します。年齢や性別は問いません。(ちなみに僕らは平均年齢28歳くらいです)
経験も問いませんが、なにかを創ったり、運用していた経験はとても優遇します。人から頼まれてもいないのにこんなことやっちゃいました、みたいな人はもっと優遇します。

連絡はCo-founderの山本一造(やまもといちぞう)宛にください!ichizo.yamamoto@sowxp.co.jp です。
すべての方にお目にかかれるかどうか分かりませんが、お待ちしております。